カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

Aloha Henry

Author:Aloha Henry
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

先生の秘密

ミシガン第4日目
今日もワークショップは盛況でさらに人数が増えた感じがする。
僕の体調はすこぶる快調! ただちょっと咳が出たり、右の肺の奥がズシンと重たいいたみがあったり、骨のガンのところがきりきりと痛んだりはするがそれも我慢できない痛さではなく、軽いものだ。
こんなに痛くなくって末期がんと言えるのだろうかと思うくらいしんどくない。

これも先生やパットさん、カイさんのおかげですね。
精神面や食事の面ではまゆみさんとまさこさんには随分助けられている。
そのまゆみさんは明日でハワイへ帰る。

さみしゅーて今夜は枕が涙でびっしょりになりそうだ。

ところで先生の似合わないパーマヘアーには深~~い「秘密」がある。

昨日の日記にも書いたがEちゃん(仮名)という11歳の女の子が目の後ろにガンが出来て治療に来ている。
ロスからはるばるミシガンへ家族で夏休みを利用して治療に来ているそうだ。
その子のガンは目の後ろにあるのでまっすぐ「気」を送っても届きずらい。

そこで先生は自分の髪の毛にパーマをかけ、毛をカールにしたら螺旋(らせん)状の「気」が出て眼球を飛び越えて「気」でガンを治せるのではないか?という目測で大枚$40も払ってパーマをかけたそうだ。

先生はそういう自分を犠牲にしてまで患者のためにつくす人だ。
自分が損をしても患者さん優先。それがモットーのようだ。

まったくもって偉い先生だ!

だが、僕の目にはそのパーマはどう見てもあまり似合っていない。

後ろから見ると誰が見てもホームレスの人のように見える。
前から見るとさらにひげが伸びているので山から降りて来たばかりの怪しげな仙人のように見える。

でも先生はそういう格好にこだわらないからこそ「気」が出るのだそうだ。
先生曰く「気」が出る人は50%がだらしない奴、40%がなまけもの、10%が良い人だそうだ。
ということは僕もすぐになれそうだ。
だらしないことならば負けないぞ。
僕もパーマをかけて、ひげでも伸ばそうか。
workshop2.jpg workshop3.png workshop1.jpg

スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。