カレンダー

06 | 2009/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

Aloha Henry

Author:Aloha Henry
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

さらなる挑戦!

ミシガン第6日目
今日はKさんのご期待に応えて、もっと具体的に治療の内容をお伝えしましょう。
現在ガンで治療に来ている人は4人。
目の奥にガンがあるEちゃん11歳、胸や足にもガンが転移して4月にあと3ヶ月の命と言われたTさん45歳くらい、体中にガンが回っていて余命3ヶ月と言われたMさん、そして僕だ。

毎日10分くらいのセッション(気の治療)を主に先生とパットさんとカイさんでかわりばんこにする。
同じ人間の気が多すぎると器に入れた水と一緒で、入れすぎても溢れてこぼれてしまうそうだ。だから1セッション毎に施術者は交代する。
それを1日15回行う。

治療を受ける方は横になって気を楽にして、ひたすら「気」を受けるだけ。
あまりにラクチンだから僕はときどき居眠りしてしまう。
気がつくと「ガーゴー」といびきをかいている。
その音で気がつき目が覚める事がしばしばある。情けないね~!

少し休憩も入れる。でないと体が「気」をスムーズに受け付けなくなるそうだ。
治療だけならば午前中で終わる人もいる。

治療を受けた後は少しクラクラくる。
「気」が体を一生懸命に治している感じ。
受ける方はリラックッして楽にしている方がいいそうだ。
明日からまた居眠りが始まるかもしれない。いかんね~!
でもこういうリラックスした時間が私には必要だったのかもしれない。
.....ということにしておこう。

今日ははるばる車で4時間半かけてオハイオ大学から小泉医学教授の助手ジャッキーさんという人が来た。
彼女は「気」でガンのある場所がわかるそうだ。

他の患者さんTさん、Mさんはすでに3ヶ月以上、Eちゃんはわずか一ヶ月間の治療している人なのでみなガンが小さくなっていい方向に向かっている。医者に見放された患者さんが、このまま続ければ必ず元気になれる段階まで回復していた。
これはすごいことだ!余命数ヶ月と言われていた患者が全員回復に向かっている。
全員ですよ!もうみんなで拍手して喜びましたよ。Tさんも、Mさんも泣いていました。
そりゃ嬉しくて涙が出るよね。

そして私の番が来た。
ジャッキーさんはくまなく私の体をチェックしてくれた。
そして新たな事実がわかった。ジャジャーン!!!
ハワイで見つかった1つの脳腫瘍の他にもう3つあって、合計4個、腰周りにも数カ所ガンが転移していた。
写真でわかるように黒いマーカーでその場所を書いてもらった。
Cancerlowback.jpgCancerBrain.jpg

腰の周りのガンはかなり強いらしい。
どうりで数ヶ月前から腰がすぐに痛くなっていた。腰痛のような痛みだった。
ハワイじゃ数億の高い機械でもわからなかったガンがジャッキーさんが見つけてくれた。
だが、うれしことに胸の方は何も感じないそうだ。
ガンがあっても力が弱くなっているから感じないそうだ。
メインの肺ガンはあと少しで消せるかもしれない。
そこまで先生たちは頑張ってくれた。たったの6日間でこれだけ治った。これはすごい!!

だが、また新たなる壁が立ちふさがった。
まあ、先生は「治しましょう!」と力強く言ってくれたので全く不安はない。
先生を信じる。今はそれしかない。

だがその壁を超えるのは自分だからまた自分自身も「気」を強く持ってがんばんべー!!
まだ6日目だからね。
先が長いさ!へっちゃら、へっちゃら!です。

さて今日はワークショップの記念写真を撮りました。
みんなとてもい人ばかり。
善意の塊みたいな人ばかりです。
KiCamp.jpg

「イヤー人生って素晴らしいよね」これって先生が酔っぱらうと必ず出てくるフレーズなんだけど、まさにその言葉の通りですよ。

いい人ばかりです。
ここに来て良かった。

明日からまた気を入れて頑張るぞ~~!!! (いびきかきながら...かな?へへへ)
スポンサーサイト

| ホーム |


 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。