カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

Aloha Henry

Author:Aloha Henry
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

タルセバは効いているのか?

入院したのは2月8日の朝6時半から。

でもその5日前からタルセバを飲んでいる。

効いているのかどうかわからない?でも効いていると信じよう。

体にタルセバの副作用である発疹が出てきた。最初は胸に、それから背中、そして数日前から顔にも出てきた。
CIMG1168.jpg CIMG1172.jpg

CIMG1169.jpg

お医者様もひどいと感じたのだろう、3日前からタルセバに使用ストップがかかった。

しばらく飲むのを止めて様子を見るそうだ。発疹が引けば少しずつ量を増やすそうだ。

いつ引くのかわからない。すでに4日経っているが発疹は引かない。

かゆくないのがせめてもの幸いである。

身体が肺が無くなり体は右へ倒れ込んでいる。支えの肺の水を5リットル抜いたからだ。

こんなにも体が傾くものなのだ。まったくもって醜い体になってしまった。

みなさん、健康をしっかりと感じて生きてください。

僕のようにならないように。

健康チェックはしっかりとしてください。 お願いします。

こういう苦しさは私だけで十分です。

今日はバイク仲間のリーダーが栄養ドリンクを持ってお見舞いに来てくれた。

ありがとうございます。確かに今の私には栄養が足りないと思う。

痩せすぎ、筋肉の落ち込みが激しい。

もっとエネルギーを蓄えなくてはね。
スポンサーサイト

<< 放射線治療 開始! | ホーム | 本日退院、疲れた~! >>


コメント

辛いですね。見通し、が立たないのは嫌だね!実は私も顔中大変でした。デイゴの枝落としをしたけど、昨年はゴミ焼却で燃えなかったので、今年は1年間乾燥させてストーブの薪にしようと、薪サイズに卓上丸鋸で切ったのです、その時、シブキが顔に掛かったのです。やけに水分の多い木だな!とその時は思っていたのですが、その後5日めですが、未だ痒い!元々日焼けでチャールスブロンソンみたいに、皺が深かったのですが、其れが皺で無い処は赤く腫れ上がり、自分の顔かと疑ったくらいでした。

頑張って!

松野さん、入院大変でしたね。入院は辛いですね。 私もたいしたことは無かったですが入院というと、二時間おきに色々な検査のたび起こされたのを思い出します。とても休める状態ではなく退院後はどっと疲れて、とにかく家で三日ぐらい眠りました。 肺の水抜きだけじゃなく、本当に辛い思いされたでしょうね。
発疹早く退くといいですね。いつも応援してます、松野さん、頑張って! DON'T GIVE UP! この前食べたいって言ってた中華丼つくってあげるからね。 作ったことないけど大丈夫!

回復すると信じています。

肺癌余命3カ月の人のブログをみて希望を感じました。
まだまだ大丈夫。医者の治療受けながらでも、
温熱治療で汗と共に体内に蓄積した毒素や薬害などを
デトックスしたり、どんどん新陳代謝や免疫力高めていけば、回復すると信じています。
傍に 居てあげられたらいいのだが・・・
絶対によくなる事だけを考えて
絶対に諦めない事ですよ。
体の写真見ると、副作用は出ているけど、
回復する体していると思った。
体を温めて少しづつ体力回復するよう頑張って。
↓このブログ見つけました。
肺癌余命3カ月からこんなに回復した事に驚きました。

http://www.popuri.info/

気の迷い

 このところ、東京は寒いです。今朝も雪が降り、積もりませんでしたが、正に厳寒。ハワイの温もりが恋しい毎日です。

 で、ブログ拝見しています。でも…、ブログ名が「気で治す」なのに、最新記事名が「タルセバは効くか?」って…。きっと、今、ガンになって、すがる想いでこのブログに辿り着いた人は読んでビックリですよねぇ。「おいおい、『気』で治る話じゃないじゃんよぉ~」って。

 勿論、ご本人には今が辛い時なのは分かってるつもりです。今までしてきたことが逆風で跳ね返ってきて、思う事/やりたい事ができないもどかしさとか悔しさとか、想像するだけで厳しいのは分かりますけど…。でも一つ間違いなく言えることは、ご家族、ご友人、医者、そして気の先生 全員が松野さんの病気が良くなることを目標に、方法論は違えども頑張っていることです。「頑張っている」と言うことは、身体だけじゃなくて、精神上も同じ方向に向かっている訳で、つまり松野さんに関る人は皆、「治って!」と言う気を松野さんに向けて出していると思うんです。
 だから、松野さんにおかれては、これからも、その「気」を全て受け入れられる状態の松野さんであって欲しいと願います。
「気」の力に加えて、所謂「医療」処置を以って、治る!訳なんですから。

 個人的には「気」の効能に対しては、俺は必ずしも全肯定するスタンスではありません。ただ、心の平静がもたらされる「自然治癒力」ってのはあると思います。だから「気を入れる」事によって、松野さんが「病気が治る」イメージを持てるのなら、「気」に関して肯定とか否定でなく、効果あるものだと思います。
 ミシガンやハワイで、痛みがなくなったり、細胞が小さくなった事実、それは間違いない訳ですから。
気の迷いとか、乱れとかは、身体のホルモンと言うかバランスも崩すものです。「健全な身体は、健全な精神状態に宿る」故事は、正しくそうなんだろうと思っております。痛みもあるし、不安も大きいと思いますが、どうか良いイメージを持ちながら、毎日を過ごされて下さい。

 抗ガン剤治療の副作用も大変だと思います。でも、それって逆に言えば、抗ガン剤が効いてるって事ですよね?松野さんの身体にあるガンを、その薬が攻撃している訳で、その余波が湿疹になって出ちゃったって事ですよね?つまり、抗ガン剤は松野さんの身体を「良い方向」に導いてくれている。その意味でも、松野さんはポジティブに現状を受け止め、心身を「今日より明日が良い」状態に向けるべきだと思います。

 ハワイは雨期が終わる頃、きっと今頃は貿易風が心地よい季節だろうなぁと思います。どうぞ、今まで以上に、ご家族と一緒に外に出かけて、心地よい陽射しの中で「生」の息吹を実感されてみては如何でしょうか?

 松野さんの目標は、「気」のマスター襲名ですよね?これはきっと、最後の試練なんですよ。だけど、だからこそ、色々な人の気を借りて、突破されてみて下さい。松野さんなら出来る筈です♪

 生意気、言って、すみません。家族揃って、心から全快を祈っております

 コメントの〆は、松野さんの好き?な「きみまろ」の言葉を引用しますね
  動物は歯が無くなった時が死ぬ時です、
  人間は歯が抜けてからが長いのです、
  だからこそ、そこに知恵が生まれるのです

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。