カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

Aloha Henry

Author:Aloha Henry
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご難続きの旅の始まり…

飛行機に乗るまで忙しくて、いつものようにギリギリまでバタバタしているもんだから、家族からは「お父さんはギリギリスバッタだね!」と馬鹿にされる。
でも仕方ないいつもそうなんだから、そういう不名誉なあだ名がついてもなかなかその状況から逃れられない。

あれこれやっておかないといけないことをギリギリになって思い出すからだ…。前もって書いておけばいいのかもね。

なんとかホノルル空港へ行ってチェックイン。家族としばしの別れをしのんだ。
マサコおばちゃまは先に行って搭乗口で待っていた。
US Airwaysは荷物代として$25を取られたが無事にチェックインをして、最終空港内チェックで待ち時間が思いのほかかかった。
またしてもギリギリスバッタのお父さんは走ったのでへぇ~へぇ~言いながらマサコおばちゃまと合流。

やっと飛行機に乗れた。隣は空きで窓側に黒人の若い男性。何もしゃべらなかった。だまってフェニックスまで5時間半乗っていた。
座席が狭いので寝られたものじゃない。
降りてから次のデルタエアーライン乗り継ぎまであまり時間がない。
急いで次に乗るDELTA AIR LINEまでエレベーターで2階に行き、バス停まで4分歩き、5分待ってやっと来たバスに乗り5分間。降りてからカウンターまで3分歩く。なかなかの移動距離である。

そこで事件発生!
マサコさんは無事にデルタのチケットがもらえたのに私のは乗り換えがデルタではなく、またあのUS Airwaysだという。はぁ~???そんなことあるもんかいな???その係官が調べた結果をプリントしてくれた。
それを持って急いでUS Airwaysカウンターへ行かないとあと30分で飛行機が出てしまう。…というのだ。
疑問を抱く間もなく、とにかく逆戻り!マサコおばちゃまには走りながら携帯で訳を話した。またしてもへぇ~へぇ~ゼェ~ゼェ~。走らねばならないが思うように走れない。
わたしゃ、誰はばかろう立派な末期癌患者だぞ! しかも肺が片方しかないんだぞ!と言いたいが誰もそんなことは聞いてはくれない。
またあの空港内バスに乗り、ギリギリでUS Airwaysに着いた。出発20分前、そこでチェックイン!調べるのにまた時間がかかる…ところが今度は私のデータがないという。すると係官は「あなたは予定どおりデルタですね」というではないか!?。ハァ~~~????なんだって????とにかくデータがないからしょうがない。
とやかく言っている時間はない。

また二階に行きあのバスに走って乗り、もうガン患者だからと甘えている場合じゃない。片肺で走って汗だくでデルタへ行った。
デルタの出発まであと30分。
カウンターで理由を話してもう一度調べてもらった。しつこくあきらめかった。……ありました。よーく調べたら私の名前がありました。

急いでチェックイン完了!係官はごめんなさいもない。急げ!と言うだけ。
またしてもガン患者走る!ゼェーゼェーハーハー。死ぬ~~~~。なんで俺がここまで神様にいじめられないといけんのじゃ?と思った。

そして搭乗口で待っているマサコおばちゃまにやっと合流。肺はパコパコ、心臓バコバコ。汗びったり。
最後の席しか開いていないというではないか?
しょうがないどこでもいいよ。機内に入ると確かに最後の席だった。一番後ろ。でもその後は誰も来なかったので3席独り占め。むふふ。神様はこのことを狙ってそうしてくれたんだな、と良い方に解釈した。
そう思わニャやっていけない。
ここでも無料の食事は出ない。ドリンクのみ。眠たいので3席使って横になった。それでもなかなか寝付かれない。
そうこうしていると3時間半でデトロイトへ着いた。ちょっと揺れたので吐き気が出たがかろうじて吐かないでたどり着いたのだ。

そこでまたしても第二の事件発生!
トイレに行って出てくるとマサコおばちゃまが気を利かせて、車いすを持って来ていた。
恥ずかしながら78歳のおばちゃまに車いすを引かれる54歳のギリギリスバッタ。ありがたいがけっこうみじめな光景だ。
そしてかなり歩いて荷物受け取り所へ行った。
だが二人とも荷物が無い。車イスでくまなくすべてのコンベアーを見て回ったがどこにも無いのだ。

仕方なくデルタの荷物紛失所に行き話をしたら24時間以内に指定の場所へお届けします。
もし見つからなくて無くなっていたら保険でその分を支払います…というではないか。

仕事の道具や着替え、おみやげ等大切なものがいっぱいはいっているのだ。
アメリカじゃよく飛行機の荷物が無くなるとは聞いていたが私の身に降り掛かるとはね~。

出発した日の風水が良くなかったのかな?

デルタのCINDY Wさん、昔はなかなかの美人だったと思われるがささっと二人に緊急のバッグをくれた。
あとで中身を明けたら着替えのLLサイズのロゴ入りTシャツ、歯ブラシ、歯磨き粉、デオドラント、ブラシ、ひげそりそれぞれ一回分がはいっていた。
何も無いよりはましだが着替えのパンツは無い。

スラックスで寝て、そのまま起きた状態で顔だけ洗って着替えはしないで道場へ行ける。
マジャパ兼外出着である。着たきり雀の生活からミシガンが始まるのだ。

夕食はマサコおばちゃまからお寿司をおごってもらいました。おいしかったー!今日のくやしさまぎれに腹十分目まで食べてしまった。
ごちそうさまです。

いろいろあったが無事にミシガンへ着きました。
でも正直いって明日からの生活が不安になる初日です。

荷物が見つかるといいな~。

あ~今日は今までと違ってひと味疲れが多いミシガンでの初日であった。

人生思うように行かないという見本みたいな日です。

明日から川の流れのように生きて行きます。

先生とも少し話しただけで、先生もお疲れのようでテレビを見ながらお休みになってしまいました。

みなさまお疲れの日なのです。

ミシガンからギリギリスバッタの着たきり雀状態での実況中継でした。

明日はより良い日でありますように祈りましょう。

ありがとうございます。
スポンサーサイト

<< 順調にスタート! | ホーム | いよいよミシガンへ出発である >>


コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。