カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

Aloha Henry

Author:Aloha Henry
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肺の水抜き

ミシガン滞在 第24日目

今日もミシガンは天気がいい。これは珍しいそうだ。いつもは3日晴れて雨が降る。というのが普通らしい。

また、朝治療中にパトリシア先生から電話があり、「今日の1時に肺の水抜きの予約が取れたけれど行けますか?」というので、「はい!行けますよ」とよろこんで返事をした。
やる事が早いお医者さんだ。ハワイのホームドクターもこれくらい早い対応をしてくれたら僕も末期ガンまで放っていなかったでしょう。

治療を11時半で切り上げ、40分くらいでBOTSFORD Hospitalに着いた。ミシガンをドライブするのは楽しい。ハワイとは景色がまるで違う。空も広いように思う。

少し早めに着いたが受付は快く受入れてくれた。
今日のドクターはDr. Hecker先生。背が190センチくらいある大きな木こりのような先生だ。

見ていてなんとなくぶきっちょという感じ。悲しくも予想は当たった!
ハワイじゃ局部麻酔してくれたのにいきなり背中をザザッと消毒して、ブスッ!と注射した。
最初はチク!痛て!、それからさらに奥へ奥へと注射針を差し込んで行く。
OHHHHHHH! Itteeeeee OUCHだよ!わかる OUCHって言ってんだけど?
というとHecker先生は「Are you feeling burn?」と聞いてきた。
こういうときは英語では焼けるように痛いという表現でBURNを使うんだなと、一つ勉強になった。
僕は必死で顔をゆがめ、YES! YES! BURN!!!!!と声もゆがめて応えた。
時々神経まで針が当たってピリッと痛かった。でもその手は少しも緩める事なくグイグイと針を差し込んでいった。患者がどうであれ、我が道を行く医者だ。
やっぱりこの人、医者じゃなくって木こりのおじさんじゃないの?と疑った。やることが荒いもん!

40分くらいで肺の水は抜けた。ハワイよりも時間が長くかかった。
出た~~~!!!なんと850cc! 前よりも35cc多い。これじゃ肺が苦しく感じたわけだ。まだ体温の暖かさの水の入った瓶をさわり、「ご苦労さん、もうお役目は終わったから肺からいなくなったんだよ。ありがとう!」って声をかけてあげた。
肺の水(変換後)

だがちょっと待てよ!なんかおかしい。CTスキャンも水抜きも病院に支払いしていない。ハワイじゃやる前に必ず前払いだったのに。
まだ肺の水抜きの件ではまだハワイの保険会社から許可が取れていないはずだ。とうことはそれを前提にパトリシア先生がなるべく早くという根回しで、たぶん、彼女が治療代を立て替えて治療を進めている。そうとしか思えない。
なんて、やさしい患者思いの先生だろうか。これが本当の医者だと思う。
新倉先生の周りには素晴らしい人達ばかりだ。
水抜きは終わっているが僕もハワイの保険会社に電話してなるべく早く保険適用の確認を頼んだ。

帰りの途中でタコベルによって3時頃お昼ご飯を食べた。
ここのタコベル従業員は全員が黒人だった。お客も80%が黒人だ。さすが、ミシガン。

車産業が崩壊し、失業率15%。
きっと昨日までは車を組み立てていた従業員が、ファーストフードの店にまで落ちてくるのだろう。大きなビルも車産業がだめになって、いたるところに「SPACE AVAILABLE」の看板が目立つ。ミシガンはこの先が厳しい状況だ。

道場に戻って今日も16回「気」を入れてもらった。
これでまた治療に専念できる。
肺に邪魔な水がないから「気」も入りやすいそうだ。

道場へ帰りの途中、高速道路わきにアスファルトの隙間に咲く花があった。
こんなところでも凛と咲く花。排気ガスにさらされ、ほんの少しの隙間から命を出し、生き続ける雑草。
僕も雑草のようになりたい。人知れず、力強く、派手でなく、美しく咲く花でいい。
そういう人間になりたい。
雑草

おやすみなさい
12時半
スポンサーサイト

<< ガンの抵抗 | ホーム | ミシガン滞在 延長決定!中途半端は男じゃないぜ! >>


コメント

雑草

異国の地に根付いたあんたは、間違い無く雑草だよ!
美しい花では無いけどね。もう一度美しくは無いけどね。其の種がその地で芽を出し、花咲かせ、続いて行く事を願います。

お疲れ様でした(*^-^)ノ

肺の水抜き 痛そうなのがこちらにも伝わって来ました
大変だったですね お疲れ様でした
これで又一段と「気」の治療に専念できますね
日々の治療の積み重ねがガンを消していくはず!
あと20日 頑張って下さいね('-^*)


Emitanさんへ

そうですね。ハワイに咲く雑草としてまた根強く生きていきたいですね。格好なんてどうでもいいと思います。心がきれいならば。

JEWELさんへ

そうかあと20日ですね。
またすぐに来ちゃうんでしょうね、その日。
それまでに治しますよ。
咳き込む事がなくなりました。
いつも応援ありがとう

痛そうですね。

ヘンリさん麻酔無しで頑張っていますね(~o~)
でも、とっても痛そうです(-_-;) 読んでてこちらの顔もゆがんじゃいましたよ(^_^;)

新倉先生のまわりには素敵な方が集まっていますね。
そこにいるヘンリさんも素敵な人ということですね(^^)

私はハワイでBed bugの襲撃にあって体中がカイカイです。私はbugに好かれているみたい。。。(-_-;)

痛かったね~~

松野さん、水抜きお疲れ様(いたそ~)、でも早く抜いてもらえてよかったです。これで先生たちも気を入れやすくなること間違いないです。
肺の水の検査結果も教えてくださいね。また肺の水がたまる原因もパトリシア先生に聞いてみてくださいね。
毎日あなたのブログを楽しみにしている人がたくさんいるようですよ。特に病気を持っている人にはとっても元気をあたえてくれているようです!スゴイですね!

miefumiさんへ

僕はハワイへ帰ったらすぐに「気」の勉強をもっと深めていきます。
そして僕も多くの人の病気を治せる、「気」の達人になりたい。
その時は一緒にやりましょう。
バグに好かれて困りますね。彼氏を早く作らないと…。

Naokoさんへ

来週にはその結果が出るでしょう。
ガンのポジティブ反応が消えていたらすごいことですよ。
でもガンはそう簡単には死なない感じがします。「気」を入れるとけっこう反応して反発するのがわかります。
よくもやりやがったな~~!!ってな感じで抵抗してくるのです。
ガンはしつこい性格です。

僕のブログで「気」とはなんぞや?病気が薬や手術でなくても治るの?という疑問の人にお応えするものですから、一人でも多くの人に読んでもらいたいです。ガンだって怖くないよ!僕を見てご覧!っていえるように頑張ります。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。