カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

プロフィール

Aloha Henry

Author:Aloha Henry
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンと「気」の関係

ミシガン滞在 第45日目

今日は曇りのち雨、そしてまた曇り。

今日はマーガレットさんとキャシーさんが来てくれてスムーズに治療も流れた。
僕の胸の痛みも随分と軽くなっている。
咳やくしゃみをしてももう、胸の痛みは無い。
だからといって完璧ではない。
Margaret1.jpg
↑真ん中がマーガレットさん。バイリンガル実業家、ヨガのインストラクター。

癌がそう簡単に治る訳ではない。
以前Kurikuriさんがいっていたコメントに『「病は気から」と言う言葉に関して…。今まで自分は、気分が凹んだりすると、病気がちになったりするという意味と思ってました。
しかし、本来は、「気」は感情のことではないみたいですね。ここでいう「気」は中国哲学の気であり、万物の構成要素という意味らしいです。
「すべての病気は気の変化から起こる」、つまり「万物を動かしている気の法則に反した時、そしてそれに対応出来なかった時に病気は起こる」というのが、本来の意味だそうです。 』まさにその通りです。
「気」は気分の「気」というより万物の構成要素なのだと思います。
「気」の動きが悪くなり、自分の体の弱いところにその症状が現れる。それが病気であり癌なのだと思う。

道場にあった中山 武著「論より証拠のガン克服術」という本には絶対に抗がん剤を受けずにガンを治す克服術が書いてあった。
本を読むのが苦手な僕もかなりのめり込んで読んでいる。納得のいく賛成できる内容だからだ。
要約すると病は60%が心のあり方、諦めない事、治ると信じる事、ストレスをいかに受けないようにするかということ。そして食事改善と適度な運動。この3点セットでガンを克服した人がいっぱいいる。

「焦らずに、怖がらずにぼちぼち行こう!」というリラックスした心がまず第一だという。
まったく、その通り。

長い時間がかかっても良いから生きることを考える。ガンを憎むのではなく体の一部として悪さをしないように話しかける。

そして「気」の意識を高め自分でも自分をコントロールできるようにする。
今日は僕にとって最後の「気」のクラスだった。
ナンシーさんが「気のパワー」を樹木から、海から、植木からもらう方法を教えてくれた。
これをハワイに帰ってもすれば「気」の力は保たれるだろう。
ハワイには冬の間も青い樹木があり、パワーを感じる蒼い海がある。
もっと自然と一体感を感じ「気」を受ける。それが大事!もっといっぱいいろいろな事を学びたいそういうクラスだった。(気のクラスは無料)
Nancy1.jpg


ガンを治す60%の心とは「気」である。治すという気合い、それを続ける気力、ガン患者に取って「気」とは切り離せない存在なのだ。

ガンになっていろいろと勉強した。いや、させられた。
良い人達にも出会った。本当にこの体験はガンになったおかげである。
そういう意味では「ガンよ!ありがとう」と言いたい。

きっとそういう運命だったのだと思う。ありがたい!
応援してくれている人達にも感謝の気持ちでいっぱいだ。
こういう状態になると周りの人の反応が面白い。その人がどのくらい自分の事を真剣に考えてくれているかわかるね。
だまってブログを読むタイプ、毎日コメントを送ってくれるタイプ、たまーに気が向くと僕のブログに来るタイプ……さまざまだ。でも読んでくれるだけでうれしい。
気にしてくれる、少しでも心を向けて心配してくれる。
それがありがたい。みんな、みんな ありがとうございます。感謝!感謝!

さてもう少し、あと二日。体に気の貯金しますよ。
(おっともう3時近い おやすみなさい)
スポンサーサイト

<< 応援ありがとう!! 明日、ハワイへ帰ります。 | ホーム | 大丈夫! >>


コメント

癌の組織

癌の組織はね、本当はマトモな貴方の一部分に成るはづだったのだよ。それがチョット設計図が狂ってしまっただけなんだよね。可哀そうだね。憎まないでね。
ひょっとしたら、夜昼が逆さまに成ったから設計図が狂ったのかも知れないよ!

病は気からの『気』の意味って、そうだったんですね。

妙に納得できます(笑)

しかし…


ターミナル時期の病人の顔色、表情じゃないですよ
Nice

たくさんの方々の愛やエネルギーがあなたを元気に大切に必死に助け、応援してくれていますね。

ほんとに素晴らしいと思います。

3日で終わりではなく、ここから始まりますね!

友人の奥様が抗がん剤治療を受けてます。そう多くはないない薬剤量で、すごい保険点数になるそうです。歯科医師が1日がんばってやっとこさ得ることの点数に匹敵するそうです。いったい、だれが利益を得ているのか?
お医者様?いえいえ、実は、製薬会社のようなのです。
世界的にエビデンスの得られている薬剤が、日本では保険導入されてない!・・・とも聞きます。人の命まで、商売になり力のあるものが、より利益を得る!?
これが大企業優先の政治によるものなら、選挙は考えねばなりませんね。
がんのことを、気にし始めたら、こんなことが少しだけどわかってきました。

「気」でがんが克服可能ならば・・。
本来、生物学的にはがん細胞は自分の細胞で、感染性の外来物のように異物ではないと仮定すると、細胞分裂が基のようにするメカニズムを「気」ができれば、がんは生体内で幼弱化せずに、さらには異物と認識されなくなるはずですね。本来、異物として切除する、薬物、放射線で駆逐するという考え方は、生体外のものとしての扱い方だから・・。悪いものは、とればいい!やっつければいいという西洋医学的発想によるもの・・。「気」療法は、かけ違えたボタンをもとにもどして正しい位置にボタンをかけさせる治療法ですかね!
「気」によってがんを克服できれば・・。多くの人々が救えるばかりでなく、お金儲けのみに暴走する悪どい製薬会社や利権をえている人たちに一矢を射ることになるのでは・・・?否、それ以上か!?

顔つきも変わってきた気がしますね

気のせいでしょうか、ヘンリさんの体が明るく見えます。ハワイにいらした頃は少しよどんでいる感じでしたが。。会うのが楽しみです!


7月のアーカイブ

先月のアーカーブをクリックしたら、一日分だけしか、表示されません!他を見るためにはカレンダーをクリックするか、次のページをクリックするしか、在りません!私のブログはスクロールすれば、その月のブログを全部見る事が出来ます。解決しませんかね?

お顔

私もそう思いました。
ヘンリさんのお顔変わりましたね・・・しっかりと、大地に足が着いてる人の様に優しいような、逞しい様なそんな感じがします。
ハワイでお会い出来きる日を楽しみにしております。
みんな待ってますので、もう少し・・・頑張って下さいね!

ヘンリさん
コメントしないけど毎日読ませていただいて、私もすごく励まされています。
私もまだ完治ではなく抗がん剤治療中です。
私の場合は錠剤で再発しないように1年間のみ続けます。
副作用も軽度ですが、あります。
私もこの本読もうっと。ヘンリさん焦らないでゆっくり治してくださいね。
その様子をまたハワイからもブログに書いてね。
ブログから「気」をもらって元気になりそうです。

きゃー

ごめんなさーい、手がすべってENTERキー押しちゃいました。
私でーす。

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

 ホーム 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。